天魔波旬(テンマハジュン)始まりました


天魔波旬

天魔波旬 (テンマハジュン )始まりました。タトゥーで画像検索すると、3代目彫よしの「百鬼図」のようなモノがたくさん出て来て驚きました-----で、私もパクリました。(ウソです) まだ初回なので全体像が見えてこないですが、左腰下の斧の辺りから経文の破片を散らし、そこに炎🔥で燃える仏教を暗示するという形にするつもりです。

天魔波旬

ヘビは(邪悪を暗示する意)で使ってます。 天魔波旬とは、仏教用語ですね。欲界第六天の魔王で、人心を乱し、善根を妨げる悪魔ですから、メッチャワルです。悪のボスキャラですから、顔を何度も描き直しました。メッチャ怖過ぎて、お客様に見せる度に「怖過ぎて笑える」という絵を幾度も描き、結局、私が 「 そこそこで良いんじゃねぇ 」と妥協した絵が、写真で見る形です👀👁。

彫り終えた後は、背中を私が洗ってあげて、家まで送って差し上げました。家は仙台市の外れで、自衛隊基地の霞の目飛行場の先でしたから、結構な距離で 遠かったでござる。モチロンスタジオの送迎車でですがね。大きなステッカーが有り、プライベートでは、正直なところ、あまり乗りたくない--- (^ ^)

本日は、8月5日。仙台の一大イベント、七夕祭りの前夜祭である、花火大会です。我が家に眼下を流れる広瀬川の河原から、花火をあげるのですよね! 我が家からも花火は見れますが、小さくしか見れないので河原の近くに、少4の息子を連れて降りようと思ってます。しかし、とんでもない人出で、他人の頭を避けてみるのも大変で、オマケにやたらと(蚊)に刺されるのが参るんですよねぇ〜


SNS
最近の投稿